気と経絡の感知技術としての望診法講座~気流診~についての公式サイトです

FrontPage

望診法を知らないということは治療家にとって、どれほどの損失をまねくことか。

あまり知られていないことですが、

皮膚の色や状態などを見る現代式望診の他に、古伝の望診法が存在します。

四診の冒頭にくる古伝望診は、まず「気」の流れに異常があるかどうかを診ます。

それが本来あった望診法なのですね。

当サイトではその古伝の望診法を紹介させていただきます。
a:8557 t:13 y:16

気を感知できることで激変する世界観

そもそも「気」や「経絡」にはなんの興味も無い、というかたも多くおられます。

いや、そういう方のほうが多いのでしょう。

ですが、気の世界は潜象界といって、現象世界とは表裏一体の別世界です。

つまり「気の世界」はこの世の半分なんです。

現象界は目で見えている世界。気の世界は潜んで見えない世界。

両者は表裏一体の存在で、気の世界を知らないことは片手落ちになるのではないかと考えております。

実際に目に見える世界、数値で表せる世界つまり現象界における理屈、理論ではどうしても説明がつかない事象があります。

もちろん鍼灸、整体の世界にもです。

ですから、その気の世界が感知できると、世界観、治療を変えざるをえません。

とくに経絡治療をされている方は、生きた経絡がそのまま見えるわけですから、診断施術に大きな変化をもたらすのではないでしょうか。

整体治療をされているかたにとっても気の世界はその治療方法を根底からくつがえすほどの衝撃を与えるかもしれません。

気の感知技術、古伝の望診法とは、そういった技術なのです。

望診法に隠された真実

経絡の異常を把握する技術として「望聞問切」がありますが、望診は「望んでこれを知る、これ神」と言われています。

その意味を今まで私は、視診だけで経絡の異常を知ることができるのは神技だ、と解釈していました。

鍼灸学校でもそのように習いましたしね。

ですが、おそらく違うのではないでしょうか。

現代では「神」といえば、神様仏様ですが、この言葉がつくられた当時は「神」=自然(の気の流れ)そのものでした。

つまり現代とでは「神」という漢字のもつ意味が違うのです。

ですから「望んで知る、これ神」の意味は「まずは望診で気の流れを把握しましょう」という意味だと思うようになりました。

東洋医学の四診とはもともと気の異常を判断するための診察法です。

であるなら、最初に経絡や気の異常を把握する手順としての気を見る望診ありきなのです。

そして望診で気の流れを把握した後に次のステップとして、

(体の声を)聞いてみましょう、

(どんな施術が必要か)問うてみましょう、

(具体的な施術箇所の確認のため)切(触って)してみましょう、

と続くのではないでしょうか。

それが望聞問切ではないでしょうか。

四診は四つで一つの一連の流れであってどれが欠けても成り立ちません。

ただし、それは古代の四診であって現代の四診ではありません。

古代の四診、気や経絡の動きをダイレクトに実感をもって感知する技術としては現段階ではこの方法以外にないのではないかと思っています。

気とはなにか?経絡とはなにか?

その正体に迫るには、それらを実体として感知する能力が絶対的に必要です。

東洋医学は虚構の世界なのか

「東洋医学は嘘だらけで、その理論はまったく信用ならない!」

ある先生のお言葉です。

その当時の私はその言葉に激しく反発しました。

経絡の存在を信じ、経絡治療を日々実践している私は、いくらなんでも、まったく信用ならない、は無いだろうと思いました。

東洋医学の英知をなんだと思っていのか!と思いました。

しかし、その先生のお言葉にも実戦に裏づけされた真実味がありました。

「望診法で気や経絡が実際に感知できるようになると、私の言ったことが本当だと分かる」

「そこから先は自分で考えなさい」と。

そこで、なにか感じるものがあったのでしょう、私は古伝の望診法の修得にむけて練習を始めることになりました。

真実をみたい、知りたい、という思いのみでした。

経絡の正体

経絡とは一般的には気の流れるルートであると、説明されています。

ですが、そもそも「気」とはなに?というところから疑問ですよね。

気も経絡もそれを視覚的に、もしくは数値的に存在を証明されたことは一度もないのですから。

つまり、気も経絡もいまだにあるのか、ないのか分からないものなのです。

残念ながら、それが現実なのです。

ですが、実際に経絡治療など施術に応用されており、私はこの不可思議なものに魅力を感じ鍼灸学校入学以来、気と経絡の正体、それを実感し、使いこなすことを目標としてきました。

しかし、現実には気も経絡もその実態は、あるのかないのかさえ不明のものです。

当然、使いこなすなんて雲をつかむような話です。

ただ、もしその技術を修得できたら、気を感知する技術は一生ものの財産になると思いました。

では、気の診断法として望聞問切、体感する方法として気功などさまざまな方法がありますが、それら既存の方法で本当に気や経絡が実感として体感できるでしょうか?

私にはどんなに脈診を練習しても、これが気の動きだとはっきりとは感じられませんでした。

気や経絡の存在を確かな存在として実感することが、できなかったのです。

それでもあきらめきれずに、気功や仙道、中国拳法にまでその気の姿を追い求めました。

生きた経絡を感知する秘法

それでもあきらめずに追い求めていると、気とは人の通常感覚(五感)では認識できない、第六感のような特殊な感覚で見るものであるという先生方にであったのです。

その先生方はどうやって気と経絡を把握しておられたのか?

じつは「望診法」で気と経絡を感知されているのです。

そして出会ったのが古伝の望診法なのです。

といっても現代式の視診による望診ではなく、ある身体感覚を用いて感じる古伝望診法です。

それは、一般的な望診法と違い、目で見るのではなく、ある感覚をもちいて感知するものだと言うのです。

ですから明確に視覚化、数値化できるものではなく、それゆえに第三者にはまったくわかりません。

しかし、その先生方の言うとおりに経絡を調整すると結果がでます。

1回2回のまぐれならともかく、先生が感知されている経絡を言われる通りに調整すると、これまた先生の言われる通りの結果がでる。

これはやはり、なにかあると思わざるをえませんでした。

古伝の望診技術

気の感知技術としての望診法には現代式の視診に近いものと、視覚をほとんど使わず、遠くを眺めるようにして、ある身体感覚で気の流れを把握する古伝の望診法があります。

当然、この望診法を修得するための独自の練習、訓練をしなければなりませんが、その望診法を使って人体をサーチすると気や経絡の流れを感知できます。

ただ、表現としては「見える」に近いのです。

実際には遠くを眺めるように見る、視覚は使わないけれども「見る」という感覚に近い、だから視診とは言わず、望診と言ったのでしょう。

そしてこの望診法の特徴として自分の身体感覚ではっきりと気滞や経絡を感知できること、それが間違いないかどうかは、その感知された気滞や経絡を調整することで確実な結果がでること。

それらすべてが実感として体感できることがこの古伝望診法の優れた特徴だと思いました。

人体に流れる気と経絡、気滞

ちなみに気と経絡を感知できるようになると次のように見えてきます。
画像の説明
疾病の治癒を阻害している気滞が感知され、その気滞を解消するのに必要な経絡とツボが感知されきます。

実際にはこのような平面図ではなく、3Dのような立体図に感知されます。

また、平常時には経絡は正経以外に無数に走行しており、異常時にその異常を解消するのに必要な経絡と経穴が浮かんできます。

表現は先生によって違いました。

必要なツボが輝いて見える、と言われた先生もおられました。

ちなみにここで見えてくる気滞、経絡、治療点(ツボ)は経絡治療でのみ用いられるものとは限りません。

気をもちいた整体法

人体の歪み、関節の歪みにも反応しますので、整体整復にも応用できます。

体の歪みや関節の歪みが3Dのように浮き出て見え、その施術ポイントが感知されるようになります。


(参考図)※実際には以下のような平面図でなく3Dのように立体的に感知されます
画像の説明

これはすごいと思いました。

できるかどうかわからないが、やってみようと。

生涯にわたって使える気の感知技術を修得するために

経絡を実体として感知できるなら使いこなすことができる!

当然のようにその「望診法」にのめりこみます。

しかし、問題なのはその練習法が無いこと。

しかも先生方に質問しても何となく身についた、いつの間にかできるようになっていた、という答えしか返ってきません。

これはもともと特殊な才能のある人しか修得できないものなんじゃないだろうかとも思いました。

そんな時期に、志を同じくする鍼灸師の方々が寄り集まって練習法が開発されていました。

そこから、いくつかの練習方法を活用させていただきました。

(一部は和伝整体塾の中でも公開させていただいています)

ですが、その練習後、実際の人体(被験者もしくは患者さん)で望診をし、なにかを感知したとしてもそれが正しいのどうか、わかりません(常に師匠が横で判断してくれていれば別ですが)。

治ったかどうかで判断すればよいのでは?とも考えましたが、本当に気滞の調整(経絡の調整)で治っているのか、単に自然治癒(つまり時期がきて)したのか判別できません。

どうしても練習用の明確な指標が欲しいと考え、さまざまな実験検証を始めました。

生涯スキルとしての気の感知技術

潜象界と現象界

私は気の世界にしろ、その他の不思議な現象を盲目的に信じるものではありません。

すくなくとも現象として観察できなければ、まったく信用しないでしょう。

ただ、気や経絡については施術を通して存在の可能性を追求してみる価値はあると思いました。

気は潜象界(目に見えない観察できない世界)のものであり、現象界(目で見える、観察可能な世界、物質の世界)と表裏一体で存在していると言われています。

もちろん、それが本当かどうかも今は分かりません。

さて、独習、検証用の方法ですが、いろいろな事を試してみました。

それこそ人体から非生物までいろいろです。

なかにはかなりぶっとんだ(ばかげた?)実験もありました。

植物、写真などから気を見ることから始まり、競輪や大相撲の勝負の前に選手や力士を望診し、気の流れで勝敗を読もうとしたこともありました。

ただ、それらのの実験検証で得られたデータ、そこから得られる情報によって「気の世界」、あるかどうかわからない潜象界を知りえる一端になるかもしれません。

私はまったく未知の「気の世界」への手がかりを見つけたと思っています。

古伝望診法の誕生と消滅の歴史

これは私の説ではありませんし、また伝承が残されていない以上、すべてが仮説としか言えないのですが、以下のような歴史をたどっていると思われます。

数千年前、経絡はそもそも「気の感知能力」を持った人たちによって発見、整理されてきたと思われます。

その感知能力を古伝の望診法と言いいます。

なぜ、そんな能力者がいたと思うのかということですが、理由は経絡発見の過程がまったく伝承されていないからです。

つまり当時は気や経絡が感知できる(見える)ことがあたりまえであったため、あえてその記載をする必要がなかったからだという説です。

この能力者は古代においてシャーマンとして活躍していた人たちではないかということです。

しかし、時代が下るとともにシャーマンを怪しげに思う為政者やその他の人々、またそういった能力を持たない人たちによって排除されていった。

だが、その人たちの医療の知識と経験は必要とされたため、目に見える形で経絡図が残され、またその経絡の活用法として東洋医学が発展形成されたということです。

つまり、経絡図が最初にあり、それを運用するためにあとから理論が構築されていったのです。

だから、東洋医学の理論にはさまざまな矛盾点が生じているのではないでしょうか。

また、「見えない」人達にとっては気の感知能力である古伝望診法は必要なかったため、伝承する必要がなかった。

そして、古伝の望診法はいつしか歴史から消えていったということらしいです。

疑問

ここで疑問です。

古伝の望診法は現代においては一般的ではありません。

それどころか、ほとんど認知されていない、消滅状態といっても良いでしょう。

なぜ、伝承されなかったのか。本当に望診法の歴史(仮説ですが)のように消えていったのでしょうか。

ですが、まったく伝承が残っていない、というのが不思議でしょうがありませんでした。

経絡は東洋医学の根幹をなす最重要学説です。それなのに、その発見の過程やその感知方法が残されていないのはおかしくないでしょうか。

たとえ為政者がどんなに権勢をふるって過去の文化を排除しようとしてもどこかに伝承されていくものでしょう。

事実、仙術や道教の呪術、古伝の中国拳法や古代の思想などは、どこかに伝承の記録が残されているものです。

どんなに怪しげなものでもちゃんと伝承されています。

なのに古伝の望診法については伝承記録が残っていない。

その能力者自体が減少したとしても、やはりなんとかして残そうと努力するものではないでしょうか。

それが、ほとんど痕跡も残さず消えてしまったのは他の理由があるのではないでしょうか。

私は他の説を考えるようになりました。

それは能力者みずからが伝承の必要を感じなかったから、という理由です。

つまり、消されたのでもなく、自然淘汰され消えていったのでもなく、自らが残さなかった、別の言い方をすると残す必要がなかったということです。

気と経絡その真実の姿

経絡とはなにか?気の通り道だということですが、では「気」とはなんでしょうか。

さまざまな検証をしているうちにある考えが浮かびました。

それは気や経絡は観察者(施術者)によって見せる姿が違うのでは?という考えです。

もし気が量子のような存在だったら?人間原理ではありませんが、観察者によってその姿形を変えるものだとしたら?

観察者が気の存在を知らない、もしくは信じていない場合感知すらされない。

そこに経絡は存在しない、それもまた正しいとしたら。

観察者の能力、つまり修得した施術方法(鍼灸、経絡治療、整体、漢方薬ほか)や、その修得レベルによってその形を変えるとしたら。

だとしたら、つまり経絡を伝承すること自体が無意味なのです。

なぜなら経絡はある、とも言えるし、無いとも言える、そしてそのどちらも正しい。

また観察者(施術者)の状態によっては必要になる経絡が違う、つまり施術者によって証(あかし)が変わり、治療点も変わる。

とするなら、他人の経験は共有できず、同じ土俵で経絡治療を議論、修練することが無意味です。

つまり現代に残る、いわゆる「経絡」は、実は存在していないとも言えます。

以前だったら考えもしない、そんなとんでもない考えが頭に浮かびました。

経絡治療とは

しかしそう考えると、いろいろなことにつじつまが合うのです。

同じ証(あかし)に対して相反するような治療でなぜ効果がでるのか?

そもそも、同一人物に対して相反するような証(あかし)がでてくるのはなぜか?

同門の経絡治療家でありながら、こんなにも施術方法が違うのはなぜか?

ストレッチや整体でも経絡、脈が整うのはなぜか?

脈が改善(いわゆる良い脈)になっているのに症状が改善しないのはなぜか?

超一流といわれた経絡治療家に施術していただいても効果に差があるのはなぜか?

経絡治療とは、そもそも経絡を整えるとはいったいなんなのでしょう?

経絡とは定型的なものではなく、施術者によってその姿形を変えるのだとしたら、それらすべての疑問点にある答えがでてきます。

経絡とは(その真実と秘密)

経絡は不定型であり、経絡も経穴も無数に存在するが、出現頻度の高いものをまとめたものが、現存する経穴図、経絡図であろうと考えられます。

したがって、新穴や新経絡はいくらでも生まれる素地があると思われます。

経絡経穴は観察者(施術者)の能力によって、その見せる姿を変えると思われます。

また、同様の患者をみても整体師と鍼灸師ではその感知できる経絡は違いを見せると思われます。

同じ鍼灸の修得者同士でもその修得技法によっては感知できる経絡、経穴は違います。

また同じ施術者でもその修行時期、修得技術のレベルにより把握できる経絡経穴は違います。

したがって経絡の調整技術を体系的にまとめることは不可能であり、またその経験を共有することもできないと考えられます。

国や時代、流派によって経絡図が違うのはそのせいでしょう。

それらの理由から経絡、経穴の歴史、その調整技術は文字として伝承されなかったのではないでしょうか。

すべては感覚の世界であるからです。

しかし、その世界は確かに存在します。

望診法講座~気流診 ~

この望診法のことを最初は単に気診と呼んでいたのですが、「気診」という勉強会が他にあるようなので、区別するために「気流診」と呼ぶようになりました。

さて、当サイトで紹介させていただいた「気流診練習法」ですが、続きはメルマガで紹介させていただきます。

気の領域に関しては分からない事の方がはるかに多く、というよりようやく入口が見えたという状態にすぎません。

気の領域(気の世界)についての探究作業は、まだ始まったばかりです。

そのような状態で、いま分かっているわずかばかりの事柄を伝えてもよいのだろうかという思いもあります。

ですが、私一人で気の領域をすべて解明できるはずもなく、協力者が欲しいという別な考えもあります。

みなさんと一緒に成長していけたらと思っております。

興味のある方はぜひメルマガに登録してください。

少しでも興味があれば、お気軽にご登録ください。

望診術無料講座のご登録はこちらから

望診術を修得したいという方へ、

メルマガにて望診術講座のメルマガを配信させていただきます。

学んでみたいという方はぜひともご登録ください。

講座は完全無料ですので、お気軽にご登録ください。

登録いただいたメールアドレスは厳重に保管し、当サイトのご案内以外には使用しませんので、安心してご登録ください。

一緒に学んでいただき、質問などしていただけたら嬉しく思います。

※メルマガは不定期発行です。登録時に自動返信はありませんが、数日以内にメール配信があるかと思います。
ただ、1週間以上たっても返信がない場合は再度、ご登録ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional